堀病院 眼科

当院の設備

白内障手術装置 センチュリオン・ビジョンシステム

灌流圧センサーを内蔵した超音波ハンドピースを搭載したCENTURION® Vision System with ACTIVE SENTRY®は、手術中に変化する灌流圧を自動的・継続的にモニタリングして、眼内圧の変動を抑制する業界初のシステムを搭載。手術中の眼内圧の変動を抑えることで、手術のリスクを低減し、手術の安全性・安定性・効率性の向上を実現しています。


光干渉眼軸長測定装置OA-2000+AL-4000

光を用いた最先端の眼軸長測定装置です。
眼軸長測定は白内障手術時に使用する眼内レンズの度数を決定するために必要な検査ですが、わずかのズレが術後の見え方に大きく影響を及ぼします。
従来の超音波式のものと比較して精度が高く、検査も眼球に触れないため、安全かつ迅速に行えます。 角膜の形状解析を行うことも可能です。


眼科手術装置

コンステレーション
ビジョンシステム
コンステレーションはより高い安全性を追求した最新鋭の手術装置です。白内障・網膜硝子体手術機器として全世界で使用されており、手術を安全かつ迅速に行うことができます。
また、眼に負担をかけない小切開手術や、緑内障・眼瞼手術などの幅広い術式にも対応しています。


手術顕微鏡OPMI LUMERA700

白内障手術、緑内障手術から網膜硝子体手術に至るまで幅広く対応した手術顕微鏡です。細部の視認性が向上しており、より安全で完成度の高い手術を行うことができます。広角観察システムを組み入れており、眼球への負担が少ない手術を行うことができます。


自動視野計 ハンフリーフィールドアナライザーHFA740i

視野(視界の広さ)を測定する検査機器で、緑内障、視神経疾患、頭蓋内疾患などの検査に使用します。
視野の解析ソフトを組み入れており、視野の変化をより適切に評価することができます。


マルチカラーレーザーMC-500

糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜細動脈瘤、網膜裂孔、中心性網脈絡膜症疾患、閉塞隅角緑内障などの治療に使用します。
疾患に応じてレーザーを使い分けることで、より安全な治療を行うことができます。


ヤグレーザー光凝固装置YC-1800

白内障術後に生じる後発白内障や閉塞隅角緑内障に対する虹彩切開術に用います。
正確な高速繰り返し照射が可能で、より安全で効率の良い治療が行えます。


超音波検査(エコー)US-4000

眼球内の状態を超音波により検査する装置です。白内障や出血のために眼内の状態が確認できない際に、眼球内の状態を検査することができます。


オートレフケラトメーターARK530

近視・遠視・乱視の強さを測ります。視力検査のときに使うレンズの度数を決めるために必要な検査です。


ノンコンタクトトノメーターFT-1000

目に空気を当てることで、眼球に直接触れることなく、眼圧(目の硬さ)を測定します。


アイケア 手持眼圧計

眼圧を測定する機械です。
眼に対する刺激が少ないため、従来の眼圧検査が行えない方や小児の眼圧測定が行えます。


視力検査計SC-1600

眼科検査に欠かせない視力検査を行う装置です。
白くてムラのない背景とコントラストの高いチャート表示により、正確な視力検査を実現します。
多彩なチャート表示で、様々な視機能検査を行うことが可能です。


HESS スクリーン

物が2重に見える場合の検査に用います。
眼球を動かす筋肉の動きを調べることで、原因の特定や治療の効果判定などに用います。


涙道内視鏡

いままでは観察不可能であった涙道内の観察を可能にした画期的な極細径内視鏡です。
鼻涙管閉塞などの症例診断や、涙管チューブ挿入術を安全・確実に行えます。


眼科専用手術台MEPRO4J

眼科専用手術台です。
乗り降りが簡易で患者さんの負担も少なくスムーズな手術が可能です。


その他の当院保有する眼科診療機器

スリットランプ SL-130、スペースセービングチャート SVCT-1、オートレンズメーター TL-4000、角膜内皮計 スペキュラマイクロスコープ

ページトップ
ネットで予約 LINEで予約

ネットで予約

LINEで予約